タヒチアンノニジュース

タヒチアンノニジュースは、「タヒチアン ノニ ジュース」と分けていいます。

これは、通称「ノニ」という、南半球の亜熱帯地方に自生し、特にタヒチで良質の実が収穫できるという植物で、ハーブの女王といわれている「モリンダシトリフォリア」を使用したジュースのことです。
「ノニ」は特有の臭いがありますが、二千年もの前よりタヒチでは健康維持に役立つ実として愛用されてきました。

この「ノニ」の実を、アメリカの食品科学者の手によって、有効成分を壊すことなく、健康維持ジュースとして開発されました。それがこのタヒチアンノニジュースです。
このタヒチアンノニジュースはブルーベリーとグレープを混合して開発されていますので、とても飲みやすく、美味しい健康維持ジュースになっています。

タヒチアンノニジュースのホームページ→https://www.tahitiannoni.com/japan/japanese/retail/index.html




モリンダ シトリフォリア(通称ノニ)とは


タヒチアンノニジュースの原料となる、学術名モリンダ シトリフォリア(通称ノニ)は、日本名ヤエヤマアオキ、アカネ科モリンダ属に属する熱帯性植物で、「ハーブの女王」と呼ばれています。

原産地はインドネシアといわれて、ここのポリネシア人の先祖が移住するのと共に南太平洋へ広がったとされています。アジア、オーストラリア、ポリネシア等の熱帯・亜熱帯地域に広く分布しており、日本では小笠原諸島と沖縄の八重山地方あることが知られています。

木の高さは10m位で、30cmほどの大きな深緑色の葉をつけ、小さな白い花を次々と咲かせます。
その成長はとても早く、果実が地表に落ちて芽を出し、成長し、再び果実を実らせるのに、わずか8ヶ月しかかかりません。しかも花が咲いてから果実になるまが3ヶ月と短いため、果実を一年中収穫(4回)できます。つまり、花・実・果実というサイクルが一本の木のあちこちで繰り返されるので、他の植物でいう収穫期というものがなく、年間を通じて実を手に入れることが出来るのです。

実はジャガイモほどの大きさで、表面がでこぼこしています。この実は未完熟のうちは無味無臭ですが、完熟してくると、果実が白くなり半液体状にまで柔らかくなり、チーズの腐ったような、えもいわれぬ悪臭を放つようになります。この臭いの為、世に出回らなかったとも言われています。



タヒチアンノニジュースのラインナップ

タヒチアンノニジュースのラインナップとしては、次の様なものがあります。

  • タヒチアンノニジュース(1000mℓ)

  • タヒチアンノニジュース(500mℓ)

  • タヒチアンノニジュース ハンディパック(250mℓ)


タヒチアンノニジュースを楽天で購入



タヒチアンノニ.com

タヒチアンノニジュースに関しての情報サイトです。タヒチアンノニジュースについての体験談が掲載されています。

http://noni1.com/



タヒチアンノニガイド

タヒチアンノニに関するサイトです。タヒチアンノニジュースの品質、成分、飲み方についてはもちろんですが、タヒチアンノニ公式サイトでの購入方法、お得なリワード会員への申込み方法や特典などについて分かりやすく説明しています。

http://www.nonigenki.com/